2012年12月24日

【テキサス親父】シナの人身売買とアジアの腰抜け9か国⇒「支那は人身売買以外にも臓器売買も国を挙げてやってるしな」「チャイナ包囲網を作ろう!」「ほんま共産主義者になりたくないな」


 
 
民主主義をこよなく愛するテキサス親父には、独裁者が人間を虫けらのように弾圧し、扱うことに常に怒りと悲しみを覚え、それを言い続けている。

今回は、アジアの9か国がシナの言いなりになり、ウイグル人の弾圧に荷担しているというもの。
更にシナは、人身売買にも値することを行って、周囲の国への影響力を誇示していると言う。
これを継続すれば、その9か国に将来はないぜ!と言うメッセージを伝えようとしている。
共産主義者になるぐらいなら死んだ方が良いと言う言葉がある。Better dead than red

テキサス親父日本事務局 http://texas-daddy.com
テキサス親父日本事務局 スタッフブログ http://staff.texas-daddy.com
元動画 http://www.youtube.com/watch?v=0Jhjy7ddOyw
 
posted by たえたん at 12:29| Comment(0) | テキサス親父 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。